【ダーツ】利き目と利き手が逆な人のダーツの話

ダーツ

どうもこじらです。

初のダーツ記事です。今回は自分のダーツの上達の妨げになっている原因が分かり上達を感じられるようになってきたので、そのお話をしていきたいと思います。

※この内容は1部で完結しますが、大きく3部構成になっています。利き目逆の解決方法が知りたい方は2部、3部と読み進めていただけたらと思います。

Part2(左目の前で構えるのは間違いだった)はこちらから

まず利き目について

そもそも利き目というものが何なのかを説明しておかないと話を始められないので、まずはその説明をさせてもらいます。

利き目というのは「対象物を認識する役割を持つ目」のことです。目には役割があり、対象物を認識する目対象物との距離を測る目に分かれます。

利き目のことを眼科学での専門用語で「優位眼」っていうらしいです。うん、覚える必要は一切ないですねw

ダーツにおいて利き目の理解は重要

ダーツにおいて自分の利き目を把握するというのはとても重要なことです。私は利き目についてあまり調べずにひたすら練習していたので、それを知ったのは大分後になってからですが。

ダーツをする上では利き目と利き手は一緒になることが多いらしいです。たしかどっかの記事で利き目と利き手が一致する人は全体の9割って書いてありました。(信憑性については知りません。)

利き目は利き手や利き足のようなはっきりとした優位性はなく、状況によっては利き目が変動することもあります

そのため、ダーツのような目に強く意識を集中させる競技においては、普段の生活における利き目がダーツを投げるときの利き目になるとは限りません。右手で構えてそれっぽい構え方をしたら自然と右目に意識がいくと思うので、その結果として、ダーツをする場合は利き目と利き手が同じになる人が多いんだろうと思います。

利き目と利き手が逆になるのはなぜ?

じゃあなぜ、利き目と利き手が逆の人が存在するのか?という話ですよね。

実際のところ理由は色々あると思いますが、私の場合は左右の目の視力差でした。

私は右利きの利き目が左です。視力は左の方がいいです。視力が落ち始めた高校生の頃は左が0.7、右が0.3くらいの開きがありました。今の視力はもっと低いですが、左右の視力の比率はあまり変わらないと思います。

利き目の調べ方

ダーツを投げる上での利き目の調べ方は、構えたときに片目ずつで見てみて、どっちのほうがズレが少ないかで分かります。ただ、構えたときと投げるときで利き目が変わるという謎すぎる変人もいるので念入りに調べたほうがいいと思います。上達速度に大きく影響するので。

あとは、動画を撮って自分の姿を見てみるというのも一つの手です。

まぁこれについても、PERFECTトッププレイヤーの浅田斉吾プロは利き目が右で、同じくトッププレイヤーの山田勇樹プロは利き目が左らしいので、何とも言えない部分はありますw動画をみてもらえればよく分かります。

結局、利き目というのは感覚による部分が大きいので、人に言われたことを信じ込むよりは自分が信じたものを貫いた方が正確です。ただ検証は念入りに

利き目利き手が逆であることの欠点

利き目と利き手が逆であることの欠点はいくつかあります。

  • 複雑な姿勢になりやすい
  • テイクバックが安定しにくい
  • フォームが定まりにくい

この辺が大きな欠点として挙げられます。順に説明していきます。

複雑な姿勢になりやすい

利き目利き手が逆の場合は、的の位置ダーツを構える位置目の位置を一直線上に置こうとした場合、セットアップに工夫が必要になります。

構え方のパターンとしては

  • 首を傾ける
  • 手を利き目の前に持ってくる
  • 両目で見るようなイメージで両目の真ん中らへんにセットアップする

等が挙げられます。どれも、利き目利き手が同じ場合と比べると複雑な体勢になってしまいます。

ダーツというのは、決められた一連の動作をどれだけ相違なく行えるかを競う競技です。そう考えた場合、一連の動作はなるべくシンプルにして、自分の骨格に基づいた自然なフォームにするのが、最も効率が良いと言えます。

この理屈が正しいのであれば、利き目が逆であることは上達の妨げに成り得ますね。

テイクバックが安定しにくい

これにはすごく悩まされています。私は左目の前に構えて投げていますが、テイクバックで腕を引く位置が分からなくなることが頻繁にあります。

これは横ブレの原因になるので、なんとか安定させたいところですね。

フォームが定まりにくい

利き目利き手が逆の場合、ちゃんとした知識を身につけてから練習しないと上達の大きな妨げになります

私はずっと自分の利き目が右だと思い込んでいました。「ダーツにおいて利き目は重要」ということは知っていましたが、まさか自分にも当てはまる話だとは思いませんでしたねw「あーそうなんだ、ふーん。」と受け流していましたw

 

私の矯正する前のフォームはすごいですよ。

利き目が右だと思い込んでいるのでセットアップは右目、テイクバックすると利き目が本来の左目に戻るというとんでもないことが起こっていましたw

「いや、そんなことある??www」って感じでした。ちなみに、発覚したきっかけは自分がダーツを投げる姿を真正面から撮影したことです。

利き目が逆なのって本当に欠点?

ここまで利き目(と利き手)が逆であることの欠点を色々書いてきましたが、私は実際のところ、効き目が逆であることは欠点とまでは言い切れないと思います。

利き目が逆のプロはいくらでもいますし、特別限界が低い訳でもありません。なんせ史上最強と言われるダーツプレイヤーは利き目が逆なんですから。

そのため、ここで挙げた理由は基本言い訳で、利き目利き手が同じ人でも似たような悩みは抱えると思います。

ただ、欠点の3つ目の理由で述べた「フォームを定める際にしっかりとした知識が必要になる。」というのは利き目が逆な人だと特に意識しないといけない部分で、利き目利き手が同じ人とは異なる部分だと思います。

まぁ利き目利き手が同じ人でも当然知識は重要なんですけどね。

まとめ

はい、まとめです。

利き目が逆な人は

  • 複雑な姿勢になりやすい
  • テイクバックが安定しにくい
  • フォームが定まりにくい

といった点が成長の妨げになりやすいです。

しかし、それは利き目利き手が同じ人にも当てはまる話ではあるので、一概に利き目が逆であることが成長の妨げになるとは言い切れません。そのため、ほとんどは言い訳であると考えるべきです。

ただ、利き目が逆な人は、利き目利き手が同じ人に比べて知識はたくさん必要になると思うよっていう話です。

まぁ目指す先が何かっていう部分がすごい重要ですかね。「世界一のダーツプレイヤーを目指す」のと「Bフラ安定を目指す」のとじゃ適用される理論が違いますから。世界一のダーツプレイヤーを目指すなら利き目が逆なことが障壁になっても、Bフラ安定を目指すくらいなら障壁に成り得ないかもしれません。

「史上最強のダーツプレイヤーの利き目が逆である」ということについても、史上最強の人がそうであるからといって、「利き目が逆な人」が「利き目利き手が同じ人」と同じポテンシャルを持っているとは限りません。

うん、何が言いたいかっていうと、「限界なんて考えても分からないし、利き目が逆なことが成長の障壁になるかも分からないんだから、悩む暇があるんだったらある程度の知識だけ付けてひたすら練習しろ!」ってことですw

こじらでした

じゃ

関連記事

左目の前で構えるのは間違いだった~利き目が逆な人のダーツ理論~

都内(23区)にあるダーツ併設のネカフェを調べてみた(安さランキング&店舗情報)

コメント

タイトルとURLをコピーしました